豊かな明日に向かって技術と創造力を持ち続ける

株式会社富士邑

企業情報

会社沿革

物価高騰、バブル景気の発生と崩壊、先の見えない長い不況を経験
多くの取引先商社・従業員・関係金融機関等に支えられました。

1971年(昭和46年)

総合建設業として創業

1973年(昭和49年)

東京都公共工事の入札に初参加

1975年(昭和50年)

下水道拡張工事及び、下水道メンテナンス工事事業に参加

1975年(昭和50年)

関連会社(株式会社サンワドーロ)を設立

1976年(昭和51年)

私道下水道助成工事の実績で都内一となる

1978年(昭和53年)

本社社屋完成

1985年(昭和60年)

公共下水道メンテナンス工事の専業会社に事業転換

1986年(昭和61年)

公共下水道工事並びに同メンテナンス工事の24時間緊急対応を開始

1994年(平成6年)

社員による海外視察研修(ドイツ・ベルリン・ミュンヘン等の下水道展)を開始

2005年(平成17年)

週40時間労働、有給消化100%を目標として掲げる

2005年(平成6年)

ドイツ(IBKイバック社)より最新の取付管用カメラ機材を導入

2006年(平成18年)

品質マネジメントシステムの国際規格「ISO9001」の認証取得
(登録範囲「上・下水道工事並びに同メンテナンス工事」)

2012年(平成24年)

中国・山東省済南市に現地法人(設計・積算業務)を設立

2014年(平成26年)

蓄電池による電力供給システム(静音システム)を導入

2015年(平成27年)

太陽光発電事業開始(山梨・東京・千葉・広島)

2015年(平成27年)

ベトナム・ダナン市に現地法人(設計・積算業務)を設立

2017年(平成29年)

ガードマン事業開始

2017年(平成29年)

社員寮(東京都世田谷区宇奈根 収容人員40名)を竣工